漢方薬と不妊症 流産の原因とは?(不妊症から自然妊娠へ)

漢方薬と不妊症

漢方薬を使って妊娠しやすい体に改善できると聞いたことはありますか?

漢方薬を使って妊娠っていうと、いかにも東洋医学的でありそうですが、妊娠できる漢方薬はありません。

妊娠しやすい体に改善していくと漢方薬はたしかに存在します。

例えば、不妊症の原因として冷えがあります。

漢方薬を服用して、血行を良くし、冷えを改善できます。

漢方薬にはたくさんの種類があり、処方はさまざまですから、一概にこれが良いとは決められません。

漢方薬局や漢方外来などで、自分に合った漢方薬を処方してもらうのが一番でしょう。


以下は、妊娠しやすい体に改善していく効果のある漢方薬の一例です。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・・・冷え性や月経不順などに効果があります。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・・・冷え性、めまい、血行不良に効果があり、
                 子宮内膜症や子宮筋腫がある場合にも使われることがあります。

八味地黄丸(はちみじおうがん)・・・冷え性の改善に効果的です。

四物湯(しもつとう)・・・体の血行を良くして、子宮や卵巣の働きを良くします。

これらはほんの一部です。服用は、かならず、全問の方に相談してくださいね。

漢方薬は緩やかに効いていく薬で、すぐに劇的な変化は見られません。過度な期待はせず、気長に続けることが大切です。


早急に妊娠できるように体質を改善したい、また、妊娠をしたいと考えておられるなら、

幸せ妊娠マニュアルがお勧めです。

詳しくは、こちらから
http://www.kodakara7.com/

posted by Doctor.A at 17:46 | 漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。